よくある質問

旅行保険の「自動付帯」と「利用付帯」って何が違うの?

旅行保険の「自動付帯」と「利用付帯」って何が違うの?

Q. 質問:クレジットカードに付いている旅行保険の「自動付帯」と「利用付帯」って何が違うのですか?

A. 回答:

特に海外旅行に行くときに多いのですが、万が一の事故や病気などに備えて保険に入りますよね。

クレジットカードによっては、その旅行傷害保険が特典として付いているものがあります。

この旅行傷害保険についてはいろいろ注意しないといけない事が多いのですが、とりあえず今回のご質問は「自動付帯」と「利用付帯」の違いです。

自動付帯というのは、クレジットカードを使わなくても旅行中にケガや病気をした時に自動的に保険が適用されるものを言います。

もっと言えば、そのクレジットカードを旅行中に持っていなくてもかまいません。

まぁ、実際はクレジットカードは財布に入れているはずなので、そういうケースは少ないと思います。

とにかく、クレジットカードを作るだけで万が一の場合に保険が適用されるのが自動付帯です。

これはすごく便利ですよね。だからこそ旅行によく行く人は自動付帯の旅行傷害保険が付いているクレジットカードがおすすめなのです。

他方で利用付帯ですが、これは各クレジットカード会社によって条件が異なるので注意が必要です。

多くの場合は旅行中の公共交通機関(電車やバスなど)の料金をクレジットカードで支払うか、旅行のツアー代金などをクレジットカードで決済した場合に限って保険が適用されます。

自分が持っているクレジットカードの旅行傷害保険がが利用付帯の場合、何かしらそのカードを使わないと保険が適用されないのです。何も使わずにケガや病気になったとしても保険金がもらえませんので要注意です。

クレジットカードの旅行傷害保険については奥が深く他にも説明したい事はたくさんありますが、今回はここまでにしときます。

-よくある質問
-, , , ,

Copyright© クレジットカードキング , 2020 All Rights Reserved.