クレカの基礎知識

クレジットカードにはプロパーカードと提携カードの2種類ある

プロパーカードと提携カードの2種類のクレカ

クレジットカードは大きく分けてプロパーカードと提携カードという2種類があります。

このページでは、2種類のクレジットカードの特徴などを簡単に説明します。

プロパーカードと提携カード

プロパーカードというのは、JCB、アメックス、ダイナースというクレジットカード会社自体や銀行などが発行しているクレジットカードです。

他方で提携カードというのは、クレジットカード会社がある特定のブランド力や集客力のある企業と提携して発行しているクレジットカードです。

例えば、ANAアメリカンエキスプレスカードのようなものが典型例です。

プロパーカードと提携カードでは、特徴やサービス内容が大きく異なります。

ポイントシステムやメリット、デメリットも異なりますので、この際にしっかりと理解しておきましょう。

プロパーカードと提携カードの違いを理解する事で、クレジットカードを選ぶ時に必ず役立ちますのでこの際にある程度は理解しておきましょう。

プロパーカードと提携カードの特徴やメリットとデメリット

プロパーカードについて

プロパーカードは、そのカードを発行しているクレジットカード会社や銀行の独自のポイントが付与され、貯まったポイントをキャッシュバックや様々なアイテムに交換する事ができます。

一般論としてプロパーカードのポイント還元率は低く、年会費も有料である事が多いです。

その代わりにサービス内容の質が高いのがプロパーカードの特徴です。

国内旅行傷害保険や海外旅行傷害保険が付帯していたりして、提携カードにはないようなハイレベルのサービスが付いている事が多いです。

また、プロパーカードの場合、ゴールドカードやプラチナカードのようなグレードの高いクレジットカードがあり、それらのハイステータスカードには驚くほどのサービスが付いています。

提携カードには、ゴールドやプラチナというレベルの高いクレジットカードがラインナップされている事がほとんど無いので、ゴールドカードやプラチナカードのようなレベルの高いクレジットカードを持つならプロパーカードを選ぶ事になるでしょう。

また、プロパーカードはクレジットカード会社や銀行がブランド力を付けるために美しいデザインを採用している事が多くデザインの素晴らしいカードが多いのも特徴です。

提携カードについて

一方で提携カードは、クレジットカード会社のポイントシステムと提携会社のポイントシステムの両方のポイントを貯める事ができ、還元率も高い事が多いです。

年会費も無料のものが多く提携企業の様々なサービスや特典を受ける事ができるのが大きなメリットです。

例えば、ANAカードであればマイレージを多く貰えたり、エネオスカードであればガソリンが割安になったりと、自分のライフスタイルに合ったものを選べばかなりお得になります。

デメリットとしては、プロパーカードのようにゴールドカードやプラチナカードが用意されておらず、ホテルの部屋が自動でアップグレードされるなどのレベルの高いサービスを受けられない事でしょう。

デザインやブランドもイマイチなものが多く、ステータス性もありません。気にしなければ問題ありませんが、財布の中から誇らしげに出すことはできないかもしれません(笑)

生活に密着したサービスや特典は受けられるもののデザイン、ブランド、ステータス性、ハイレベルのサービスや特典ではプロパーカードにはかないません。

ブランド、デザイン、ステータスにこだわりがあり、いずれはゴールドカードやプラチナカードを持ちたいと考えている人はプロパーカード、とにかく日常の生活でお得感を感じたいという人は提携カードがおすすめです。

-クレカの基礎知識
-,

Copyright© クレジットカードキング , 2020 All Rights Reserved.