クレカの基礎知識

【初心者必見】クレジットカードの使い方を初心者にも分かるように説明

クレジットカードはカッコよく使おう!

クレジットカードを初めて持った時、うれしくてすぐに使ってみたくなりますよね。

本当にこのカードで払えるのか?自分の信用が認められてなんとなく成長した気分を感じたり。

でも、ふと不安に思うのがクレジットカードの使い方ですよね。もたもたしたらクレジットカードの初心者だと思われて恥ずかしいし、かっこ良くスムーズにカードを使いたいよね。

慣れてしまえば何も難しい事なんてないので、簡単な流れだけ教えちゃいます。

クレジットカードの使い方はとっても簡単です。最近では、サインが省略される事もあります。

念のために流れだけでも知っておくと、もたつくことなくカッコよくクレジットカードを使えますよ。

クレジットカードの使い方の流れ

クレジットカードの使い方の流れとしては本当に簡単なので安心してね。流れとしてはこんな感じになります。

  1. 支払時にクレジットカードを渡す。
  2. サインするための店舗側の控えを受け取る。
  3. 店側の控えにサインを求められるので、金額を確認してカードの裏にした署名と同じサインをする。
  4. サインした店側の控えを店員さんに渡す。
  5. レシートとクレジットカード利用控えを渡されるので受け取る。

流れとしてはこれだけです。ただし、いくつか注意点があるのでそれだけ説明しておきますね。

クレジットカードを使う時の注意点

サインは省略される事がある

まず、注意点の1つ目はクレジットカードで支払をする時には、原則的にサインを求めれますが、時々サインが省略される時があります

スーパーなど、客の回転が速かったり、金額が小さい時に多いのですが、サインが省略される時があるという事だけ知っておきましょう。

必ず金額を確認してからサイン

2点目としては、サインをする時には必ず金額を確認する事です。

サインをした時点で、その金額の支払を承諾したという事になりますので、間違えている可能性もありますから、必ず金額を確認しましょう。

特に海外で使う時には要注意です。

スキミングに注意する

3点目はスキミングに注意する事です。

普通の店だと問題無いのですが、時々風俗や飲み屋などの怪しい店でスキミングという犯罪行為が行われますので、少しでも不信感を感じたら決してクレジットカードを使わないで下さい。

クレジットカードを渡すと、見えるところでカードリーダーに通さずに店の奥に持って行かれる事があります。

そして、見えない所で本来のカードリーダーとは別のカード情報を抜き取るだけの機械に遠されてカード情報が盗まれてしまうのです。

その抜き取られたカード情報を使ってカードが偽造され、自分の知らない所でクレジットカードが使われたことになるのです。

クレジットカードを自分が見えない所に持って行くような店は要注意です。

デパートなどは各店舗にカードリーダーが無いことが多く各階にある全ての店舗が共有して使っているカードリーダーまでカードを持って行かれる事が多いですが、信頼して使っても大丈夫でしょう。

ネットショッピングで注意

4点目は、インターネットでクレジットカードを使う場合です。

ネットショッピングなどは本当に便利で、特にクレジットカードで支払うと後は商品が到着するのを待っているだけです。

ただ、カード番号が盗まれる危険性がありますので、怪しいサイトなどでは絶対に使わないように注意しましょう。

-クレカの基礎知識
-, ,

Copyright© クレジットカードキング , 2020 All Rights Reserved.